【退職エントリー】約12年勤めたジオコードを退職します
12年2か月と21日、日に換算すると4465日… 余計にわかりづらいので約12年間、大変お世話になった株式会社ジオコードを6月末で退職します。
いい機会なので考えをまとめる意味でも、退職エントリーなるものを書くことにしました。

入社のキッカケと理由
株式会社ジオコードの創業者であり代表取締役の原口大輔から当時全盛期だったmixi日記でこんなコメントをいただいたのがキッカケです。
突然、「どうでもいいですけど、いい仕事があります。すぐ連絡を下さい。。。」とのコメントが!(突然、「どうでもいいですけど、いい仕事があります。すぐ連絡を下さい。。。」とのコメントが!)

一瞬、詐欺か?と思いましたが、前職場で一緒(会社は別、代理店的な)だったこともあり、たまに飲み会やフットサルをする仲でした。

背が高くオシャレ、抜群のギャグセンスと兄貴的な抱擁感もあり、まさに「カッコイイ」人物でした。
天才的なバランス感覚と高いプロデュース能力も兼ね備えた稀有な存在だったこともあり…

■ この人と働いてみたい
■ 将来性のあるIT企業で働きたい

そんな理由からジオコードでお世話になることに。
360日間の世界一周旅行から帰国して10日後、8人目の社員としての入社でした。

その後の経歴や活動はここでは割愛します。
(詳細は プロフィールページ に記載中)

感謝と御礼

「出世や役職には興味がない」と言い続け、空気を読みつつも自分スタイルを主張していた私めを長年雇用して、たくさんの愛を注いでサポートしてくれた原口社長とジオコードの皆様には本当に感謝しかないです。
皆様あっての、ジオコードあっての加藤康二だと思っています。誠にあり加藤ございました!

思い出をぽろぽろと

フォー専門店前で「フォー!」を全力披露するも原口社長にスルーされる加藤氏(フォー専門店前で「フォー!」を全力披露するも原口社長にスルーされる加藤氏)

2008年には社員旅行に4回(バリ島、シンガポール、沖縄、ベトナム ↑ )行くという、ITベンチャーバブルを存分に感じられたのも今となってはいい思い出。
来たるリーマンショックにも売上を伸ばし、拡大し続けた経営手腕に脱帽です!


初のテレビ取材&予期せぬトラブルに目がイッちゃってる加藤氏(初のテレビ取材&予期せぬトラブルに目がイッちゃってる加藤氏)

記念すべきジオコード初のテレビ取材はテレビ朝日「報道ステーション」でした。
が、予期せぬトラブルで急遽私がインタビュー対応することに。
ジャケットないし、開口一番で噛むし、散々なテレビデビューでした。


サッカー日本代表の勝敗によって付与される「サッカー休暇」(サッカー日本代表の勝敗によって付与される「サッカー休暇」)

「サッカー休暇」なしではジオコードは語れない?ですよね。テレビ局、新聞社がいったい何人、何回きたのか把握できないほどでした。まさにカオス状態!これを超える取材殺到をいつか実現させたいと企んでおります。


実は、TBS「水曜日のダウンタウン」の取材でしたー!とドッキリ大成功だった瞬間(実は、TBS「水曜日のダウンタウン」の取材でしたー!とドッキリ大成功だった瞬間)

2014年の忘年会では「来年で設立10年だから記念動画を作ることになった」「その撮影でカメラが入る」「気にせず自然体で」と全社員に誤報を流し、TBSの人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」の4カメ5時間にもわたる密着取材を極秘で敢行。
最後の閉会挨拶で「実は…」とネタバラシした時のリアクションは最高でしたね!その節は失礼しました&ご協力あり加藤ございました。
放送後の反響がすごく、派生企画でまさかの再登場を果たすことに。半端ない企画力が広報的にも学びが多かったです。




ジオコード最後のテレビは昨年末、BSテレ東「ジョブレボ!」。佐藤裕さん、友近さん、水原アナとのスタジオ収録。
これまで27番組くらいでジオコードが紹介されたんですが、原口社長のテレビインタビューはこれが初だったんですよね、たしか。。。


退職理由

簡単に言うと… 『 広報・PRを軸にもっとレベルアップしていきたい 』 からです。(PR=パブリックリレーションズ)
人や企業、サービス、商品、そして広報・PRの価値向上に関わりたいなと。それを理解し必要としてくれる環境で、経営視点でチャレンジしていきたいと考えています。そして、、、

■ 強みを活かせられる
■ 周りから求められる
■ 無理なく自然にできる
■ 楽しく、ワクワクする
■ 今後も追求していきたい

と思えたのが広報・PRでした。

ジオコードでもいいじゃん?
仰るとおりです。でも、自身の成長を考えたら、コンフォートゾーン(居心地がいい空間、安全地帯)から抜け出さないと大きな成長はないかなと。社歴や年齢的な意味でも。
現状維持は後退なり!と原口社長もよく言ってましたからね。別のマネージャーだったかも…

この時から、どれだけ成長できているのだろうか?
【まさかのセルフレポート!笑】『2週間でNHKからフジテレビまで全局制覇した広報担当者の“そこまで攻めない”広報術』でお話したこと8割+補足と and MORE… : サッカーと旅を愛する男のブログ@kozy726

広報・PRが変わりつつある

数年前の日経MJトップ面の記事で広報・PRの必要性が表面化された気がします。

広報活動に奔走していた私にも、この頃から講師登壇や個別コンサルの依頼、採用オファー、社外からの複業打診などがくるようになりました。

それに拍車をかけるように、メルカリ小泉社長と当時LINEにいた矢嶋さんの激熱トークにベンチャー経営陣がザワついたり、
広報の価値をわかっていない経営陣は「勝つ気がない」--LINE・メルカリが語る、PRの重要性 - ログミーBiz広報の価値をわかっていない経営陣は「勝つ気がない」--LINE・メルカリが語る、PRの重要性 - ログミーBiz

CAMPFIREの創業社長で起業家・投資家の家入さんのツイートがバズったり、


PR Table社が日本最大規模のPRカンファレンスを実施したり、

このように、ここ数年で広報・PRをとりまく環境に大きな変化を感じる人も増えているのではないでしょうか。
「広報バブル」なんて言葉を耳にすることもありますが、それはなんか違うんじゃないか… と思ったりもしますが、間違いなく需要は増えています。

そんな変化とともに求められる能力も変わってきた気がします。
プレスリリース( @Pressとかでチェックできます )を書いてメディアに届けるだけの広報では淘汰されつつあるんじゃないかと…。

パブリシティを取るだけではなく、ビヘイビアチェンジ(行動変化)までできる広報パーソンでありたいですね。自戒の念を込めて。

最後に

4465日もの間お世話になった株式会社ジオコードに愛を込めて…
ジオコードコーポレートサイト/リスティング広告を初めとしたWEBマーケティングの全てを一社完結ジオコードコーポレートサイト/リスティング広告を初めとしたWEBマーケティングの全てを一社完結

おそらく4~5年前からリニューアルされてない気がします…(加藤の仕事だったんじゃないか説w)
近年は、なぜジオコードに!?ってレベルに優秀なCFOや人事責任者がジョインしており、大手企業や地方自治体、地銀との連携が続々と増え、組織強化や教育研修が着実に良くなっています。

従業員同士が仲良しで、社内の雰囲気も抜群、残業も少なく(人による)、休みも多く(年に12回も海外旅行した人がいた)、給料も悪くはない(この規模にしては高い方かな)、立地はたぶん日本一だし(JR新宿駅直結)、、、やる事やらないと厳しいけどね。

そんなジオコードで働きたい、サービスに興味がある、などあればお気軽にご連絡ください。全力でおつなぎいたします。


今回、、、

事前に退職のご連絡ができなかった方がたくさんいます。
落ち着きましたら、改めてご挨拶&コミュニケーションを取らせてください。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!


とりあえず、、、

7月下旬あたりに「 新宿広報かい 」をやるからみんな来てくれよな!笑
某記者さんも来るよ。


ではまた!!


【次回予告】
転職活動で知った、イケてる企業、市場価値の上げ方などを… 書く?かも。


【追記】


書いた人:加藤康二

株式会社ジオコードで広報・PRやってます@JR新宿ミライナタワー。仕事以外では、海外旅行(世界一周、渡航52カ国)、食べること(野菜や魚など健康食が好き)、サッカー(小中高サッカー部、今はJリーグ観戦)、Mr.Children(1番好きな曲「終わりなき旅」)、夫婦生活(生年月日時が同じ)、、、その辺に情熱を注いでます。ご連絡などお気軽にどうぞ!
加藤康二の連絡先とプロフィールはこちら加藤康二の連絡先とプロフィールはこちら