パースの年越しカウントダウン花火はここで見られるぞ!@西オーストラリア。そしてこれまでの海外での年越しをまとめてみました。
どうも、こんにちは。(極楽とんぼ)じゃない方の加藤康二(プロフィール)です。
もう夏だって言うのに、年末年始のこと書きますね。2014年から2015年の年越しはオーストラリアのパースで過ごしており、毎年恒例となったカウントダウン花火の様子を。
この夏行くであろう花火大会のイメージでも湧かせてもらえたら幸いです。

※写真8枚



出国前に色々と調べてはみたのですが、詳しい情報があんまりなかったんですよね。
これ書いてて思ったんですが、英語で調べればよかったんじゃないかな?と。


で、
結局現地のホテルでコンシェルジュ的なオジサン(以下:シェルジュ)に聞いたんですよ、「花火どこであがるの?」って。

そしたらシェルジュは、パース市内での年越しイベント会場一覧と地図を持ってきてくれて(7~8箇所あった)、「ここがホテルから一番近くて、花火もあがるよ」的な事を言って(英語がネイティブすぎてよく分からなかったけど)地図に丸をしてくれた。

その紙と地図もここにアップしようと思ったんですが見事に紛失したので、約半年前の記憶を頼りに地図に印してみました。


パースで年越しカウントダウン花火を見た場所、あがる場所はここ!
パースで年越しカウントダウン花火を見た場所、あがる場所はここ!





シェルジュが地図に丸をしてくれた場所と、実際に花火があがった場所はほぼ合ってたね。GoodJobシェルジュ。

最初は、より近くで、よりいい場所でと思い、気合入れて1時間くらい前に現場(WACAグラウンドとトリニティ大学の間の道)に到着したんですが、誰もいないんですよね、見物人が。
※パースの人口は約184万人


だから、場所が違うんじゃないのかって話しになって、★印しのパークランド付近に移動したわけです。無事に見られたからいいんですが、もっと近くで、もっと大きく見られたかなと。

サイズはこんな感じでした。

バスト湖横の広場で年越しカウントダウンイベントがやってて(花火の下のテントがそれ)、日本でも一時期よく流れてたあの曲がガンガンかかってました。そう、あの曲が・・・ あれあれ・・・

バスト湖横の広場で年越しカウントダウンイベントがやってて(花火の下のテントがそれ)、日本でも一時期よく流れてたあの曲がガンガンかかってました。そう、あの曲が・・・ あれあれ・・・

バスト湖横の広場で年越しカウントダウンイベントがやってて(花火の下のテントがそれ)、日本でも一時期よく流れてたあの曲がガンガンかかってました。そう、あの曲が・・・ あれあれ・・・
名前が出てこない(笑)


その時の様子。この曲ですよ。


カウントダウンと言いつつも誰もカウントしておらず、突然花火が打ち上がった感満載&ピントが合ってない。


花火があがり始めて数分後にパン一の男が突然現れるというハプニングと共に2015年がスタート
花火があがり始めて数分後にパン一の男が突然現れるというハプニングと共に2015年がスタート。
彼のおかげ!?か、2015年前半期は非常に楽しく充実した日々を過ごせております。感謝。

今年もスカイスキャナー
使って色々な国を旅できそうです。


ついでに、これまでの海外年越しの様子を
2006年→2007年、ジャイサルメール(インド)
2006年→2007年、ジャイサルメール(インド)での年越し
ホテルの屋上から眺めるジャイサルメール城砦。

花火は、市販の物や手持ちのロケット花火を個人であげる程度。ほとんどが上まで飛ばず住宅街で爆発するというインドクオリティー。
ホテルの従業員は全員遊びに行ってしまい誰もおらず。さらに全ての出入口を施錠されていて屋上から街を眺めるだけというインドの洗礼を受た年越しでした。


2011年→2012年、クアラルンプール(マレーシア)
2011年→2012年、クアラルンプール(マレーシア)での年越しカウントダウン花火
ここはスゴかった!
花火は近いし(木が邪魔だったけど)、人は多いし、ホテルまで徒歩3~4分の距離を迂回&大混雑で帰るのに1時間近くかかった。
年末年始マレーシア旅行2011-2012 3日目 ~ペナン島 → プトラジャヤのピンクモスク → クアラルンプールのペトロナスツインタワーで年越し花火イベント~


2012年→2013年、バンコク(タイ)
2012年→2013年、バンコク(タイ)での年越しカウントダウン花火
ここもスゴかった!
花火の数と人が半端なかったですね。ホテルまで帰るのに一苦労。クアラルンプールほどではなかったけど。
年末年始タイ旅行2012-2013 4日目続編 ~バンコク、セントラルワールド前で新年を迎える年越し花火~


2013年→2014年、ヤンゴン(ミャンマー)
2013年→2014年、ヤンゴン(ミャンマー)での年越しカウントダウン花火
ここは別の意味でスゴかった(笑)
さすが開国してまだ数年、「アジア最後のフロンティア」と言われるだけあって経済発展してないこと、してないこと。
人は多いし、イベント会場は暗いし、そこまでの道も真っ暗だし、砂埃がスゴいし、タクシーは捕まらないしで、行くのも、帰るのも本当に大変だった。
年末年始ミャンマー・マレーシア旅行2013-2014 4日目 ~ヤンゴン市内散策・シュエダゴォンパヤー・ミョマグラウンド(Myoma Ground)の年越しカウントダウンイベントで花火~


2014年→2015年、パース(オーストラリア)
この記事です。上記で見てきたやつですね。


これだけ見ると「アジアLOVE」って感じですが、単純に寒い場所を避けているだけ、距離とか予算とか考えるとアジア南部に落ち着くんですよね。


さ~て、今年は(2015年→2016年)どこで年越しするのかな?
お楽しみ~。

追記
2015年→2016年は、4年ぶりに日本でゆっくり年越し。

2016年→2017年、台北(台湾)
DSCF2812
これまでの人生の中で一番整った花火だった!
玉状の花火が一発もなかったのは初めてだったかも。タワー(台北101)をうまく使い、とにかく計算し尽くされた美しい花火だった。ホテルまで帰る時間の短さとスムーズさを考えると一番効率的に年越しカウントダウン花火を楽しめた。
海外での年越しを極めつつあるのかもしれない…(笑)
年末年始の台湾(台北)旅行4日目(後編) ~台北101の年越しカウントダウン花火のおすすめ観賞スポットは東側の象山駅1番出口前で決定か!?場所取りのポイントなどもまとめてみた~

2017年→2018年は、ふたたび日本でゆっくり年越し。

2018年→2019年も、日本でゆっくり年越し。


【次回予告】
ブラックスワンを見に行ったり、キングスパークでのんびりしたり。


書いた人:加藤康二
某IT企業で広報と人事をやってる気がします。好き → 広報・PR/サッカー/海外旅行/食べること/面白いこと/非日常/未体験。お仕事や広報・PR、採用、就活、転職、旅、フットサルの対戦や助っ人など、ご相談は以下からお気軽にどうぞ!
加藤康二の連絡先とプロフィールはこちらです(極楽とんぼの加藤浩次さんじゃないよw) : サッカーと旅を愛する男のブログ加藤康二の連絡先とプロフィールはこちらです(極楽とんぼの加藤浩次さんじゃないよw) : サッカーと旅を愛する男のブログ